top of page

STK​
PLAYFUL ART PROJECT

遊びごころのある自己表現が、よい人間関係を構築するために有用であるか実践している。

 

遊びには余白が必要であり、

遊びとは我を忘れて夢中になることである。

遊びは遊び自体が目的であり、自主的であり、義務感に強いられてするものではない。

 

私たち大人が日常行う多くの活動は、目的があり、誰かの都合であり、期限やノルマがあり、成果を求められる。つまり、大人には遊びが少ない。遊びという行為は、寄り道であったり、思ってもみなかったことを突然してみたり、意味のないことであったり、効率を求められるものではない。

 

私は今、

私たち大人にも、遊びが必要ではないだろうかと考えている。

幼き頃は何も考えずにできた遊びを、大人になって改めてどのように遊ぶか考えることーー遊び心の環境再生を試みる。

アルコールインクアートは、自分の思い通りにインクを動かしにくいため、最終的に何ができるかわからない遊びである。この遊びを行うことによって、自分の思いや感覚を、自分なりの豊かな表現として開花させることができる。さらに、その表現する行為によって、少しずつ溜め込んできた負の気持ちを発散することができ、且つ、一人ひとりがポジティブな気持ちになることによって、遊びごころが再生されるのではないだろうか。

インクアートで選ぶ色や組み合わせは、その人なりの感性を表すものであり、それは、生きる力の基礎となる喜びや幸せを感じる行為である。色を選び表現することで、自己をとらえる感覚が研ぎ澄まされ、自分自身の遊びごころが育ち、そして、他者とアートを共有することによって、他者の心や感性を感じ取る力が養われる。これは思いやりや利他の気持ちが芽生え、よりよい人間関係の構築に影響を与え、さらには幸福度の向上につながるのではないか。

私の研究テーマでもある「遊びごころのある自己表現」の実践。この実践を通して、私はいつも少しだけ相手との距離が縮まったように感じている。アートを通じて、お互いに利他的な気持ちを持って接し、余白を楽しむからだ。

人間関係とは、継続的に積み重ねていくものである。だからこそ、早くから人とのつながりを大事にする技術を習得することが、将来の孤立や孤独を軽減するのだと考え、実践の機会と場をクリエイションしている。

​我が家でアートインクで絵を描きながら対話するという活動をしています。ご興味ある方はお問い合わせください。

mama.png

STK

子どもの頃は絵を描くことが好きだったのに、大人になって、デザイン業を営むことになり、好きなように絵を描く機会を失ってしまいました。

業界で数十年働いていても、デザインとは何か?の答えを見いだせず、京都芸術大学大学院へ進学しました。そして卒業後、現在、東京藝術大学のDOORを受講中です。

2021年に乳がんを患い、死を身近に感じていることから、自分を癒すために絵を描きつつ、遊びごころのある自己表現を作品を通して実践しています。

​作品展示中:2024年4月24日まで

https://www.quintbridge.jp/event/detail/202311211341.html

ピンクの花びら
IMG_8685_.jpg
恋の海月
IMG_8710----.jpg
翠の海月
IMG_8707-.jpg
黒と白のスプリット
IMG_8706----.jpg
橙のたましい
IMG_8709-.jpg
星空の海
IMG_9488.JPG
自然の根源
IMG_9459.JPG
​あふれる気持ち
IMG_9447.JPG
​散りばめられた破片
IMG_9483.JPG
海の安らぎ
IMG_8688.jpg
bottom of page